入院のご案内

心に残るご出産のお手伝いをいたします。

入院について

入院時期は、お産の始まりを知らせるサインや、通常とは異なる症状が見られた場合に入院をご案内させて頂きます。

お産の始まりを知らせるサイン
おしるし 生理の時より出血が多い場合は連絡してください。
陣痛 初産婦さんは、5~7分間隔になったら連絡してください。
経産婦さんは、10分間隔になったら連絡してください。
破水 シャワー、入浴せず、清潔なナプキンをつけて破水時間を確認し、すぐに連絡して下さい。
※ 持続的な腹痛や、通常と異なる症状が見られた場合や、判断に迷う場合は遠慮なくお電話ください。

入院時に必要なもの

当院でご用意させていただくもの

  マタニティパジャマ
  歯ブラシ、コップ、スリッパ
  アメニティー関係 (シャンプー、リンス、ボディーソープ)
  バスタオル・フェイスタオル・ティッシュ・ドライヤー
  スキンケア用品(クレンジングオイル・洗顔フォーム・化粧水・乳液)

当院オリジナルのマタニティパジャマとバスタオルです。

患者様にてご用意いただくもの

  おやこ健康手帳・診察券
  保険証・印鑑
  下着(産褥ショーツ) 2~3枚
  授乳用ブラ 2~3枚
  タオル2〜3枚
  赤ちゃん用ガーゼハンカチ(授乳の際の胸当て)
  退院時の赤ちゃんの着替え

分娩費用について

普通分娩 5〜6日間入院 約47〜50万円
帝王切開 9〜10日間入院 約50万円
※普通分娩の入院日数は出産日から退院日までで初産婦6日、経産婦5日です。
 前日からの入院等で入院日数は変わることがあります。
※上記金額は標準的な料金です。入院期間の延長や、追加の処置、お薬等に関しては別途費用がかかります。
※上記金額には産科医療補償制度の掛け金16,000円を含みます。
※全室個室です。

お支払いについて

1. お支払いは出産一時金の直接支払制度をご利用いただきます。分娩費については、退院日前日にお支払いしていただきます。

2. クレジットカードでのお支払いはできませんのでご注意下さい。

お食事について

お子様の誕生の記憶とともに、心に残る素敵なお料理を提供したい・・・
入院中のお食事は大きな楽しみであるとともに、産後の回復、母乳を養い、赤ちゃんのために食の大切さをあらためて考える時期のお食事です。
そのため、安心して召し上がっていただけるように手作り重視で、管理栄養士が栄養バランスや母乳の質を考え、美容なども加味した献立を立案しております。また、シェフも料理を監修しておりますので、豊富な旬の食材を使用し、見ためにも楽しめる四季折々の料理と遊び心を加えた行事食をご提供しています。
院内で焼く、芳醇な香りのするヨーロピアンベーカリーもぜひお楽しみください。

お部屋について

部屋の種類 設備
一般個室・ファミリールーム 冷蔵庫、液晶テレビ、ドライヤー、円座クッション、授乳クッション(大・小)
電気ポット(無料貸出)、加湿器(無料貸出)
※お茶は毎日ポットに入れてお持ちします。お箸やコップもこちらで準備いたします。

※ファミリールームは、畳コーナーを設けた、少し広いお部屋です。
ベッドはセミダブルです。
 

産後について

母児同室について 基本的には母児同室をお勧めしていますが、お母様のご意向をお伺いして個々に対応しています。母児同室にされた場合でも、お母様が疲れた時などは、いつでもお預かりいたしますので、お気軽にお申し出ください。

母乳育児について 頻回に母乳を吸わせることによって、母乳の分泌がよくなるといわれています。しかし、当院ではお母様の産後の疲労の回復を考え、母乳の分泌が上昇するまでミルクの追加をしています。また入院中は毎日、助産師・看護師がお乳の状況にあったケアを提案させていただき、母乳哺育がスムーズに行えるようにお手伝いさせていただきます。


ご面会について

面会時間
月曜日~土曜日 13:30~20:00
日曜日・祝日 10:00~20:00

院内でのお願い ○ ご面会の際には2階ナースセンターに声をかけて下さい。
○ 感染予防のため、お子様(小学生以下)連れでの新生児とのご面会はご遠慮いただいております。産婦様ご本人のお子様に限り、感染兆候がなければご面会が可能です。
○ 大人の方でも感染兆候がある方は面会できません。
○ 面会時間は、お母様の疲労等も考え、短時間(30分以内)でお願いいたします。
○ 廊下での長時間の携帯電話利用はお控え下さい。
○ 他の患者様のご迷惑にならないよう、お静かにお願いします。
○ 院内及び敷地内での喫煙、飲酒は固くお断りしております。
○ 緊急時以外にベランダ・中庭へは出られないようお願いします。