ASAGIRI LADIES CLINIC
教室カレンダー

当院でのお産について

「安心して」「安全に」ご出産していただくために・・・

お産に対する考え方 当院は、「自然なお産」を基本としています。ただし何もしない事が自然分娩ではありません。分娩後の出血に備えて点滴をしたり、赤ちゃんの状態を把握するために胎児心拍モニターや陣痛計をお母さんのお腹に装着したりします。これらはお母さんと赤ちゃんの安全のために必要不可欠なものです。

胎児心拍モニターと陣痛計の目的
お腹の中の赤ちゃんの状態が悪くなる場合のほとんどは分娩中に起こります。陣痛(子宮収縮)が赤ちゃんにとってストレスになるからです。赤ちゃんがこのストレスに耐えて元気でいるかどうかをリアルタイムで観察するのが胎児心拍モニターです。一方で分娩が順調に進行するためには適切な陣痛が必用ですので、これを陣痛計で同時にモニタリングします。LDRでは、常に助産師が側についていますが、同時にこれらのモニターを、院長室・ナースステーション・診察室にも置き、外来診察中を始め、昼夜を問わず医師が胎児の赤ちゃんの状態を常に把握し、お腹の中の赤ちゃんに異常があった時に直ぐに対応できるようにしています。

陣痛促進剤の使用について
陣痛促進剤は、予定日が過ぎても陣痛が自然にこない場合や、陣痛がきても分娩の進行が見られない場合に用いられます。分娩誘発や陣痛増強はお母様と赤ちゃんにとって、利益があると考えられる医学的適応によってのみ行います。

会陰切開について
基本的には会陰切開は行っていません。経膣分娩の途中で赤ちゃんの状態が悪くなり、早急にお腹の中から出してあげなければいけない場合があります。そのような時には、膣壁が十分伸展するまで待つことができないため会陰切開をすることがあります。
膣壁の縫合には自然に溶ける吸収糸を用いて、可能な限り傷がきれいになるようにしています。

帝王切開について
妊娠中や分娩中に赤ちゃんの状態が悪くなり、普通のお産では母児を救うことが難しいと判断される場合に行います。当院は、医師が常時2名おり、24時間緊急手術にも対応しています。

連携病院・紹介・母体搬送
当院の分娩は、基本的にリスクの低い妊婦さんを対象としています。重症の妊娠性高血圧症候群、切迫早産などで未熟児が産まれると予測される場合や、お腹の中の赤ちゃんに異常が認められた場合など、お母様と赤ちゃんにとってハイリスクであると判断された場合には、NICU(新生児集中治療室)のある倉敷中央病院と連携し、ご紹介しています。

提携病院一覧
・倉敷中央病院
・川崎医科大学
・倉敷成人病センター
・岡山大学病院
・国立病院岡山医療センター

早期母子接触について

・以前はカンガルーケアと呼ばれていましたが、本来カンガルーケアは早産児にNICU(新生児集中治療室)内で母子関係を深めるために行う母子の皮膚接触の事をさします。現在は正期産の赤ちゃんが分娩直後にお母様と触れ合うことは「早期母子接触」と呼ばれ、カンガルーケアとは区別されています。

・当院では、出産直後の母子の触れ合いは、特別なケアではなく、お母様が産まれた赤ちゃんに触れたい、抱きしめたいと思うのは人間の本能であり、それが自然の姿だと考えています。お母様が赤ちゃんを愛おしいと思い、本能のままにあたたかい胸に抱き、お乳を吸わせたり、優しく目を見てほほ笑みかけることで、赤ちゃんはお母様の愛情を肌で感じ、自然に信頼関係が生まれるのです。

・出産直後の30分は、赤ちゃんがはっきりと目覚めており、母子の触れ合いに最も重要で大切な時間です。しかし、肺呼吸を始めたばかりの赤ちゃんにとっては、状態が急変しやすい危険な時間でもあります。当院では、赤ちゃんの状態の急変を早期発見できるように、出産直後から酸素濃度を観察し、「新生児蘇生法」の研修を受けた助産師・看護師が、常に側についてサポートいたしますのでご安心ください。


分娩予約について 予定月の分娩予約数が定員に達した時点で、該当月の分娩受付を締め切らせていただいております。当院での出産を希望される場合は、お早めのご予約をお勧めいたします。
里帰り出産について 当院での里帰り分娩も受け付けております。ご希望の方は、お電話にてお問い合わせの上、仮予約をしてください。かかりつけ医で診断された出産予定日にて仮予約の受け付けをさせていただきます。当院を受診後、分娩予約完了となります。予定日が近くなってのご予約はお受けできない場合が多々あります。里帰り出産の場合は特にお早めのご予約をお勧めします。

当院への受診時期
できれば妊娠20週までに一度、保険証、おやこ健康手帳をご持参のうえご来院ください。32週以降は、当院で妊婦健診を受けていただきますが、諸事情により困難な場合はご相談ください。
TOPへ